http://readmej.com/

2004 年 12 月 26 日(日)

 コソ練事件簿(ThirdQuarter)

 キレ過ぎるエッジ。相変わらず仕事は遅いがイイ腕してまんなあのショップ。そこへ来ていつもと全然感覚の違うバインディング。そして疲れ。もうストレートもマトモに飛べないくらいへろへろです。前のめりに飛び出せやぁと派手にコケて即休憩です。何か今までのコソ練が全て無意味に思えましたね。

 休憩の間に『どうせコケるならストレートより大技のほうがいい』理論で、どーんと縦回転をやり始めました。相変わらず着地は下手ですけど、ストレートでコケるよりは気分はマシです。そしてシリモチ病も治らぬまま『どうせコソ練なんだから出来なかった技を練習しよう』理論で、予てよりの課題だったBSRと90ROLLの練習を始めました。90ROLLは理屈というか空中視線が判りやすいんですよ。後ろを向いてBFするだけって感じです。しかしイマイチ抜けの蹴り方も空中でドコを見てたらいいのかもよく判らないBSRは、最初着地が見えなくてチョ〜怖かったんです。どっちもちゃんと板から着地するんですけど、着地したあとに態勢が保てなくてコケるんです。グラブすると回転がロックするし。まあやっぱり板からは落ちれるのでケガも何もなく無難にやりこんでいたんです。

 一緒に来ていた友人が「あと一本で止めるわ」と言って飛んだんです。私ももう疲れてきてましたし、でもやっと着地が見えるようになってきましたしグラブも無理やり出来たり出来なかったり。う〜ん、そろそろ最後かなぁと次の一本が問題です。予め言い訳をしておくと、BSRって抜けの瞬間にリップとは明後日の方向を見て離陸するので、抜けるタイミングが非常に難しいのです。見ていた友人は「早抜けだった」と後に語ります。毎度の如くエイヤッと飛んで「アレ?低空飛行だな・・・うわ足りねぇ!」(1秒)と着地を無理やり90度回しに行って、着地した瞬間に『倒れこむのは前のめり』です。整備後はクッション性のあったランディングは削れて下の氷が剥き出しになってて、そこに肩をめいいっぱい叩きつけてしまいました。やっぱり強いぜ氷!すんごい痛くてとにかく次の人のために下まで逃げはしたんですが、右手が動かないです。マジで今シーズン終わったかと思いましたよ。

 私が思うに、めんどくさがらずに率先してキッカーの整備をしなさい←自分


← 前日 翌日 →