http://readmej.com/

2004 年 11 月 30 日(火)

 最近LED、つまり発光ダイオードが見直されています。電球のようにニクロム線が切れる事も無く、蛍光灯のように水銀を使う事も無く、電力も他の照明に比べ1/10程度に抑えられます。しかし現在の問題点は高い事です。白色電球が\100で買えるのに対し、同光度をLEDで実現する為には\500はかかってしまいます。しかしこういったモノの価格はアジアなどに工場が敷設されると格段と下がりますので、これからの照明はLEDと言っても過言ではありません。

 最近増えたのは、LEDを使った信号ですね。信号の電球のタマが切れてて赤信号が点かなかったといったら大問題です。同じ様に安全性を考慮すると切れてはならないのが車のテールランプやブレーキランプですね。ハイマウントストップランプはLEDが標準でしたが、最近の高級車は通常のテールランプもLEDなんです。偉大ですね。

 私が思うに、昔からあるもの=古い技術だと思ったら大間違いなんですね。


← 前日 翌日 →