http://readmej.com/

2004 年 11 月 14 日(日)

 水っぽいご飯を食べるということに於いては、おかゆとお茶漬けは非常によく似ています。しかし両者は全く別物です。おかゆはゆるく炊いたごはんで、消化にも良く、そのため病食にも度々用いられます。対してお茶漬けはごはんをお茶に漬けただけであり、芯は硬いまんまです。にもかかわらずお茶に漬かっているため、ズズズっとあまり噛まずに飲み込んでしまい、消化に最悪です。

 そんなわけで私はお茶漬けを愛用しています。『逆だろ!?』というツッコミが入る前に解説を。どういうわけか私は「痩せの大食い」だったらしく、昔は基地外のように食べてました。一日五食とか普通でしたし。しかし原因が胃酸の強すぎだったらしく、おかゆだとソッコーで腹が減るんですが、お茶漬けだと長持ちするんですよ。消化が遅いせいだと思います。何しろうまい!日本人サイコーです。

 私が思うに、人によってモノの良し悪しは変わるものです。


← 前日 翌日 →