http://readmej.com/

2004 年 09 月 28 日(火)

 朝、通勤中に駅を出たところで缶コーヒーを無料で配ってました。本当はすんごく欲しかったんですが、普段からチラシはおろかティッシュすら断る小心者ですので、貰うに貰えませんでした。オバタリアンや会社に新聞を読みに来ている人みたいなのが数人で列を作っていたので、そんなのに朝から並ぶ元気はないんですけどね。以前、ちっちゃいビールを配ってたこともありました。会社にビールを持っていけってか?

 そもそもああいった駅前で配っている何かというのは、消費者にとって損する類のものは一切ありません。何かが安くなる券だったり、もらえるものそのものがティッシュのような通常はお金を出して買うものだったりします。だから貰えるものは貰いまくっておけば本当は一番賢いんです。貰ってみてから不要なら捨てればいいだけの話です。じゃあ何故私が貰わないのか、キリがないからです。白黒デジタルキャラな私は貰わないと決めたら貰わないんですって。

 私が思うに、無意味な0or1(『Zero or One』で『ゾロ』と読む)にも、ポリシーとして意味はあるんです。


← 前日 翌日 →