http://readmej.com/

2004 年 09 月 09 日(木)

 老犬ホームという場所をご存知でしょうか。老人ではなく老犬、いぬです。定年になった犬たちがお迎えが来るまで介護されながら過ごすという天国のような場所ですが、残念ながら一般の犬は入れません。

 ではこの老犬ホームというのが何のためにあるかというと、盲導犬のためにあるんです。盲導犬は1歳かそこらで仕事に駆り出され、12歳位まで盲目の人を助けるお仕事を務めます。もちろん普通の飼い犬と同じく大変飼い主に可愛がられて一生を過ごしますが、残念なことに老化が進むとお仕事が出来ないんです。そのため12歳で定年退職をして、仕事ばかりしてきた一生を顧みて、手厚い看護を受けながら残りの人生を好き勝手に過ごすのです。ご主人の目となって働いてきた素晴らしい犬たちは、自由に散歩をすることも少なく大変な仕事犬生を送ってきたわけですから、特別待遇ですよね。

 私が思うに、盲導犬への寄付を見かけたら\100でも入れてみようかな。


← 前日 翌日 →