http://readmej.com/

2004 年 08 月 31 日(火)

 FeliCaをD社端末に埋め込んだものが発売されましたが、予想通りというか全然売れていません。売れない理由は「今更DoCoMoに変えても意味が無い」というのが多いのですが、それ以上に「電子マネーという形式を信用できない」というのが大半な意見のようです。まだ使えるところが少ないですから一般的になってないので仕方ないんですけどね。

 FeliCaが一番最初に使われたのはSuicaですね。SuicaはFeliCaという名前を一切出さずに電子マネーを実現しました。首都圏に住む大半の社会人が保持する定期券というものが対象だったので広がるのは早かったですね。先払い形式の電子マネーだったというのも大きいです。万が一紛失したとしても、チャージしてある1万かそこらの損害だからという考えが多いみたいです。でもこれは大きな勘違いで、実は紛失してすぐにJRに駆け込めば\1500くらいで再発行してくれるんですよ。もちろんチャージ部分もまるまる戻ってきますから安心していいですよ。早くK社もFeliCa実現しないもんですかねぇ。D社のFeliCaみたいなものじゃなく、言わばSuica内蔵ケータイ、それで十分なんですけど。

 私が思うに、無くした際にD社ではFeliCaの機能停止が出来ないんですよ。怖すぎます。


← 前日 翌日 →