http://readmej.com/

2004 年 05 月 11 日(火)

 縦回転にしろ横回転にしろ、回転方法には3種類あります。ひとつは『投げっぱなし型』です。飛ぶ瞬間にうりゃっと回して、前振りオンリーで回して、あとは着地を合せるというものです。次が空中で自分で回しに行く『自立回転型』とでも言いますか。前振りにあまり頼らず、空中で首や手を使って自分で回転を与えるものです。最後が投げっぱなし&自立回転の組み合わせですね。『コントロール型』が相応しいでしょう。細分するともっと種類はあるのですが、大雑把にこんな感じです。

 理想はやはりコントロール型で、前振りもオーリーもエッジも空中バランスも使いこなして回転をする、一番パーフェクトです。何故かと言えば、自立回転には回転力に限界があり、ゆっくりした180などには向いてますが、720とか絶対回りません(多分)。逆に投げっぱなしはスタンダードに回りますが、キッカーに対して回転を合せなければならず、回り過ぎたり回り足りなかったりします。何が言いたいのかって?それは明日へ続きます。

 私が思うに、理屈屋?いえいえ『スノーボードを科学する』なんてのはどうでしょう?


← 前日 翌日 →