http://readmej.com/

2004 年 04 月 18 日(日)

 文章を書くのが得意な人、苦手な人というのがあります。単純に理系文系で分けることも出来ます。しかし文章を書くのが上手な人、下手な人というのもあります。これは単純に理系文系で分けることは出来ないんです。

 私が思うところでの話ですが、文章を書くのが好きな人は、単純にお喋りな人です。逆に言えば、文章を書くのが苦手な人は、無口なほうなんでしょう。しかし文章を書くのが上手な人というのは、お喋りということではありません。それは物事を理論的に考えることが出来る人であり、他人の文章をよく読む人ということです。他人の文章をよく読み、自分の文章をよく読み返し、といった行動が文章の上達に繋がるのではないかと思います。昨今ではインターネットのせいで初心者文章をそこらじゅうで見かけますが、悩ましい文章も面白い文章も千差万別ですね。

 私が思うに、私の文章が悩ましい文章にならないよう心がけるべきですか。


← 前日 翌日 →