http://readmej.com/

2004 年 04 月 02 日(金)

 最近のウィルスは差出人を詐称し、添付ファイルもあるのに見えないように設定されていたりするので、例えばxxx@fatal.jpからウィルスが送られてきたとしても、本当にxxx@fatal.jpがウィルスメールを送っているかというと殆どの場合そんなことはないです。もちろん詐称しないウィルスもあるので、本当にxxx@fatal.jpが送る場合もありますが。しかし、fatal.jpのメールはサーバ側で送信も受信も全てウィルスキックをするようにしてあるため、fatal.jpからウィルスが送られてくることはまずありません。しかしfatal.jpのアドレスを名乗って(詐称して)送信されるウィルスもあるので、一番簡単なのは件名が英語であれば添付ファイルがあろうがなかろうが開かず削除が懸命です。逆に知り合いにメールを出すときには件名を日本語で書いて送りましょうね。

 私が思うに、ありえないので私を疑うのはやめて下さい。


← 前日 翌日 →