http://readmej.com/

2004 年 02 月 22 日(日)

 2年目、1995-1996、21才、私の知人も飢えていたんですよ。何にって?趣味に、です。麻雀だの麻雀だの麻雀だのゲーセンだの、しょぼい趣味に溺れてた皆をボードの道へ誘いました。当日まで一体どこへ連れて行かれるか判らない怪しいツアーや、友達の会社の保養所に泊まっての泊まりボードも含めて、5〜6回は行きましたね。でも一式レンタルですよ。それでも毎回毎回レンタルしているので、さすがにレンタルでも板が硬い、柔らかいくらいの区別が付くようになってきました。

 正直、他の趣味が大したこと無かったというか他人に自慢できるような趣味が無かった私は、スタイル的にボードをやっていたんです。それがこの頃からでしょうね、何か楽しくなってきたんですよ。他人から見たら5cmくらいしか浮いてないエアーでも、爽快というか何と言うか。高校生の頃、初めてドラムが1曲通しで叩けた頃の事を思い出しながら「これ、俺に合ってるわ。多分俺はハマるぞ」と予感していました。

 私が思うに、この年は覚醒(サラリーマン最高ボード最高)の年でした。


← 前日 翌日 →