http://readmej.com/

2004 年 02 月 07 日(土)

 普段から私はあまりゴーグルをかけません。頭というかメットの上にゴーグルを乗せてはいるのですが、目に当てていないという意味です。それはゴーグル焼けするのがイヤというのが一番の理由なのですが、今回ばかりは裏目に出ました。

 先日、巨大クォータ(巨大スパイン)でBFをやったのですが、回転が合わせられずゆっくりと回ってしまったため、顔面から(というか額から)接地してしまったのです。普通のキッカーならこんな落ち方をすることは有り得ないのですが、クォータというのは難しいですね。で、問題はメットに乗せていたゴーグルです。着地の反動でゴーグルがずれて顔に落ちてきて、そのまま顔を雪面にこすったような状態になり、ゴーグル擦れで顔中傷だらけです。ちゃんとゴーグルをかけてればこんなことにはならなかったのに。つくづく顔面落ちが好きな私ですが、それ以上に顔面に傷を付けるのも好きみたいです。

 私が思うに、日焼けよりケガのほうがイヤに決まってるじゃないですか!


← 前日 翌日 →