http://readmej.com/

2003 年 12 月 16 日(火)

 もう何年前のことでしょうか。以前はよく演劇を観に行ってたんです。映画よりも迫力があるというか、生の醍醐味というか。観て回るのは四季とかいった大手ではなく、学生か社会人が集まって公演しているといった小さなものをよく観ました。その頃、知人にカムカムミニキーナという劇団が面白いと紹介され、観に行ってみると非常に面白かったのを覚えています。話の内容はさすがに覚えてないのですが、キャラが立っていると言うか。一番のお気に入りは八嶋智人さんと言いました。

 八嶋智人さん?そう、トリビアの司会者です。そりゃあ私も初めて見たときにはびっくりしました。あのバカチコとか言っていた人が冷静に敬語で静かにゴールデンタイムの番組の司会者なんてやっているものですから。いやぁ、感慨深いものがあります。

 私が思うに、演劇が映画くらい安ければもっと人気が出るのかもしれませんね。


← 前日 翌日 →