http://readmej.com/

2003 年 11 月 14 日(金)

 だからよぉ、要するに俺は口調がキタネーよ。生まれのせーもあんだろーし、育ちのせーもあんだろーよ。学生時代のツレとかの付き合いのせーもあんだろーし、口調がキタネーと有名な地方出身のせーもあんだろ。んなんテメーじゃ判んねーよ。けどよ、俺はこの口調でこの歳まで生きてきたんだってばよ。そんな俺の口調をおめーらが気にするかつーことだわ。そりゃ俺も社会人を何年もやってっからな、会社とかでは敬語使ってっし使い分けもしてるつもりはあんだけどさ。ダチ付き合いまで使い慣れた言葉じゃねーとなると疲れんだろ?大阪人だって文章書くときゃ標準語使うだろ?大阪弁で書いたりしねーだろ?だから俺も文章書くときゃある程度キレーになるわ。つぶやきだって丁寧に書いてるつもりだしよ。テメーでも十分考えてるつもりなんだよ。だからあんまゴチャゴチャゆーなや・・・

 こういう私の普段の口調がどこまで許されるかということなんです。やっぱり結構言われますよ、口が悪いし口調も悪いとか。個人的な意見としてはこれが私らしさ自分らしさだと思いますし、相手が気にしなければ私自身は「口調が悪い」と言われる事に抵抗は全くありませんので。しかし世の中みんながこういった私の口調を聞いて嫌だったりひくようなら、エゴそのものを直す必要があるかと思った次第です。

 私が思うに、私は口調を治すべきですか?このままでいいのですか?


← 前日 翌日 →