http://readmej.com/

2003 年 10 月 29 日(水)

 ド田舎から上京してきた頃です。当時私は江戸川区に住んでいました。ある日曜日、バイクで渋谷まで遊びに行くのに首都高に乗っていました。今は江戸川区から渋谷なんて高速に乗る距離じゃないのですが、田舎モノの私は道が判らなかったのです。晴れ渡った空の下、空いている高速を歌を歌いながらのんびり走っていたのですが、後ろからすごい勢いでバイクが近づいてくるので「負けるかコラ」とアクセルを回し始めたとき、よく見ると後ろのバイクに赤いランプが!慌ててエンブレ全開(ブレーキを踏むとブレーキランプでブレーキしたことがばれてしまう)で60km/hまで落とし、手に汗握りながらタラタラ走行です。白バイは私の隣に並んで「気持ちいいなオイ!」と一声かけて、風のように走り去りました。

 スピード違反が怖かったわけじゃなく、当時私は無免許運転だったのです(もう時効ですよw)。私の田舎は雪国ですので白バイというものがおらず、白バイを見たのがこれが初めてでした。ほんと湾岸高速で180km/hを出したときよりドキドキしましたね。この後、さすがに無免許運転を続ける勇気は無くなり免許を取りましたが、あの日の白バイの後姿が未だ忘れられません。

 私が思うに、やっぱり私の歌声が聞こえてたんでしょうか・・・。


← 前日 翌日 →