http://readmej.com/

2003 年 10 月 15 日(水)

 『今日は朝起きました。朝風呂に入りました。会社に電車で行きました。何時間も仕事しました。お昼ごはんをコンビニで買って食べました。何時間も仕事しました。ときどき一服しました。電車がなくなるので仕事を中断しました。家に電車で帰りました。晩ごはんを牛丼屋で食べました。すぐに寝ました。おわり。』

 最悪の日記ですね。出来事だけを書いていて、日々思ったこと、得たもの、感じたことが何も伝わってきません。しかし日記を書くと大抵こうなっちゃいませんか?でもこれでは毎日同じ日記になってしまいます。ではつぶやき歴○年の私がプロの日記を書きましょう。なに?日記にプロもアマもあるかって?同じような日々を過ごしている人間でも、書く人間が書けばこうなるんです。

 『今朝、いつものように会社に向かう時に、上着を着ているにも関わらず肌寒さを感じました。冬が一歩一歩近づいてくるのを肌で感じ、今年の冬にも期待が高まります。』

 え?短い?判ってないですねー。日記というのは長さじゃないんです。如何にして自分の日々感じたことを記すかです。「出来事」ではなく「出来事に対して自身が感じること」を記すから個性のある日記になって良いのです。出来事を書いているだけでは日報ですよ。ニュースですよ。自分で何年後かに読み返した時に何も感じることは出来ないですよ(多分)

 私が思うに、え?つぶやき?だから何度も言っている通り、つぶやきは日記ではありませんって。


← 前日 翌日 →