http://readmej.com/

2003 年 10 月 01 日(水)

 会社員の方は判ると思うのですが、会社の業務には区切りがありまして、上半期(上期)と下半期(下期)というものに分かれています。下半期の終わりが3月末で年度の区切りと重なる決算と呼ばれるものです。よくお店で決算セールなどをやっているのは、安売りでも良いのでじゃんじゃか売って、その年度内の売り上げを伸ばしたいというものなんです。そして上半期の終わりが9月末なんです。要するに会社というのは何かを売り、お金をもらうという売り上げをあげることによって成り立っています。その計上やら何やらがイロイロありますので、会社員というのは9月と3月は忙しいんです。

 そんなわけで先月は死んでいました。だからといって10月になったら急に楽になるかというとそうでもなく、下半期の目標売り上げやら何やらくだらん事が多々ありますので、これまた十分忙しいんです。特に不況な昨今では上半期の目標達成が大抵失敗しますので、下半期はそれはもう大変になるでしょう。以上、自分の他人事観察でした。

 私が思うに、社会とは数字マジックの世界です。


← 前日 翌日 →