http://readmej.com/

2003 年 07 月 22 日(火)

 先日のつぶやき、久々にわけわからんと言われちゃいました。そういえばわかりずらい記述が多かったかもしれません。特にFW-GW-PC-apache自宅鯖が判りにくかったようです。

 FW(ファイヤウォールと読みます)は外部からのアクセス(例えばインターネットから自宅へ)を制限する言わば防波堤です。これがないと家のパソコンは悪意のあるアタッカーに壊され放題です。GW(ゲートウェイと読みます)とは逆に内部から外部に接続する為のロードバランシングです。PC(そのままピーシーと読んで下さい)はパソコンです。apache(アパッチと読みます)とはhttp://でのアクセスに応答するシステム(フリーのソフトウェア)ですね。これがあるからwwwからのブラウザでのアクセスに応答できるわけです。自宅鯖(ジタクサバと読みます)とは、そのまんまで自宅にあるサーバのことです。サーバをモジって鯖と書くのは2chが発祥でしょう。PCなのに鯖という不思議な状態ですが、実際にはノートPCでやっているのでそう呼ばれています。ノートPCにはデフォルトで停電対策が付いている(ノートPCはバッテリでも動きますよね)ので自宅鯖には向いているのです。

 *(アスタリスク、アスタと略して言います)は、俗世間にワイルドカードと呼ばれています。これは正規表現と呼ばれるものの一種で、0文字以上の文字列にマッチングします。0文字以上のマッチングとは【abc】にも【あいう】にも【】(なにもなし)にも該当するということです。ですから【021002*.txt】とは【021002(なんか文字があるかないか).txt】というファイル名を指定している事になります。正規表現は簡単ではありませんので、機会がありましたらまた紹介しますね。

 public_htmlとはwwwサーバの、外部からのアクセスに該当するディレクトリのことです。例えばWindowsパソコンのDドライブにapacheを入れて動かしていた場合、 http://fatal.jp/01_frame/07_bbs/index.html というアクセスがあった場合、d:\home\htdocs\public_html\01_frame\07_bbsというディレクトリにあるindex.htmlというファイルを表示する事になります。こういったディレクトリ構造を階層構造と言いますが、apacheの動きや階層構造についても機会がありましたら紹介します。

 私が思うに、やけに皆がIT関連に詳しいスノーボーダーサイトになりそうですw


← 前日 翌日 →