http://readmej.com/

2003 年 07 月 03 日(木)

 憂鬱なとき、ブルーと言いますよね。なぜでしょうか。ブルーは海の色であり、空の色です。自然には欠かせない色ですよね。そんな色が憂鬱な色だなんて、何か間違ってるような気がしませんか?個人的には青は好きですよ。私も「ブルー入った」とか言いますけど、実際に青を見ると心が晴れやかになるというか、アロマテラピーみたいな効果があっちゃいます。

 例えば怒りの色や情熱の色は赤であり、恋愛や可愛いの色はピンクであり、自然の色は緑であり、オナラの色は黄色です。怒りが赤なのは、怒ると顔が赤くなるからでしょうか。恋愛がピンクなのは理由はさっぱり判りませんが、黒いハートや紫のハートは確かに恋愛には見えません。自然だって、茶色いときもあれば白いときもあり、草木だけが自然ではなくて土も水も自然なんですけどね。オナラって色なんてないのに。色があったら真剣に嫌ですけど。微妙なのが白黒で、結婚式も葬式も同じ服を着て、結婚式は白いネクタイ、葬式は黒いネクタイ、たったそれだけで明るいめでたいが暗い陰気臭さに転向するから不思議なものです。

 私が思うに、私にとってブルーって、黒ってな感じがするんですけどどうなんでしょう?


← 前日 翌日 →