http://readmej.com/

2003 年 02 月 22 日(土)

 とても悲しい事故があったようです。山形蔵王にてあるスノーボーダーが5歳児のスキーヤーと激突、そのまま逃走したようです。5歳児は脳挫傷の重傷で、山形県警は逃走した男を過失傷害容疑で全国手配中だそうです。以前全く逆の事故があり、小学生くらいの子供スキーヤーがボーダーに突っ込み、ボーダーは頚動脈を切って瀕死の重体、子供はどこかへ行ってしまったというものです。

 日本の狭いゲレンデを滑走していれば必ず事故は発生するでしょう。もちろん普段からの心掛けも重要ですし、保険に入っておくことはもっと重要です。しかし逃走・・・。またボーダーの心象が悪くなるんでしょうね。交通事故もそうですが、必ず保険! ボードも一緒です。まず保険! そして次に重要なのが、幾ら注意してても発生してしまう事故発生後の対処です。パトロールを呼んでもらうなり、コースの隅に連れて行くなり、赤旗を建てて警告するなり、その場で出来ることは幾らでもあります。これはたまたま5歳児が事故にあったからではないですよ。逆にボーダーに5歳児が突っ込んでボーダーが大怪我をしたとしても、親がそこまでするべきです。子供だからといって保険に入れないのであれば、ゲレンデに行く資格はありません。

 私が思うに、今からでも遅くありません。今すぐ保険に入りましょう。本当に。


← 前日 翌日 →