http://readmej.com/

2003 年 01 月 20 日(月)

 昨日の続きです。頭落ちしたにもかかわらずメットをかぶっていた&結構深雪だったため、頭も首もピンピンしていた私ですが、足がやたら痛いのです。足なんて打っていませんし、周りが「アタマ大丈夫か?」と意味を取り違えると喧嘩を売ってるような言葉を投げかけてくるので、平気なフリをしてさっさと退きました。しかしもう一本普通に飛んだ所で痛さがピークに達し、レストハウスの住人となりました。その日の夜に地元の病院に連れて行ってもらったところ「よくここまで歩いてきたね」と医者に言われました。内側側副靱帯断裂でした。もちろん去年シーズンは何も出来ませんでした。

 何が言いたいのかといいますと、頭から落っこちて足の靱帯を切るという訳のわからないこともあるということです。ワンメイクは気持ちいいですし楽しいですけど、どこか心の隅に非常に危険な事をしているという認識を忘れないで下さい。

 私が思うに、怪我だけは、やってしまってから気付いても本当に遅いんです。


← 前日 翌日 →