http://readmej.com/

2002 年 10 月 29 日(火)

 昨日の日記が自分で読み返して余りに目に余るので、補填しておきます。そもそも私はモテたわけじゃないです。カッコつけている男に恋する乙女を演じたい年頃の女がいただけでしょう。バンドとかやってた時は、バンドをやっている私が輝いて見えただけで、私自身を知らない人たちにチヤホヤされていただけです。服装や格好で世間を騙し続けてきただけです。

 私は私というイチ個人であり、○○の私や△△の私ではなく、単なる私です。本当の私自身を見て惚れてくれる人が世の中にいるかどうか、甚だ疑問です。歳をとる毎に外見やら何やらで誤魔化す事も難しいでしょう。若い頃、街を歩いていて振り向かれる事が自然だった事も、今、街を歩いていて振り向かれると何か恥ずかしい事をしていないかと本当に気になります。

 私が思うに、私はいつまで私でいられるでしょうか。


← 前日 翌日 →