用語−ハ行


−ハ−
ハーコンフリップ haakon flip
ハーフパイプトリック。スイッチマックツイスト720°。
バーティカル vertical
ハーフパイプの垂直部分。
ハードブーツ hard boots
スキーのブーツと同じような硬いブーツ。アルペンボードに使われている。
バートン burton
言わずと知れた世界一のボードメーカー。
ハーフキャブ half cab
スイッチオープンサイド180。
ハーフキャブロール half cab roll
スイッチアンダーフリップの別名。
ハーフパイプ half pipe
パイプ管を半分に割ったような形状のコースであり、フリースタイルの醍醐味の一つだが、ここでは割愛させてもらう。
バーン barn
斜面のこと。同意語:グラウンド
ハイクアップ hike up
斜面をリフト等を使わずに徒歩で登ること。ゲレンデによってはハイクアップ禁止の場合もあるので注意。
ハイバック high back
バインディングのかかと側にある前後する金具。ここに体重をかけるとバックサイドターンは楽になるので大きいに越したことはない。
パイプ pipe
通常、ハーフパイプのことを指す。
パイプトリック pipe trick
ハーフパイプでしか出来ないトリック。
バインディング binding
ボードとブーツをつなぐもの。ビンディング(スキー等)と混同してはいけない。英語本来の読み方だとバインディングになる。
パウダー powder
新雪、または新雪の降り積もった斜面のこと。
バックカントリー back country
ゲレンデ以外の斜面のこと。
バックサイド back side
ボードではなく、乗っている人から見て背面側(つまりレギュラーなら左側)のこと。ブラインドサイドと混同してはいけない。反意語:フロントサイド
バックサイドロデオ backside rodeo flip
ブラインドサイド180°+バックフリップを、軸を斜めにして回る技。正式にはブラインドサイドロデオフリップ。
バックフリップ back flip
体操で言うバック宙(バック転宙返り)。
バックワン back one
ブラインドサイド180°の言い間違いの省略が定着してしまったもの。
バツジュウ (抜重) take press out
板(エッジ)から体重を抜くこと。通常立ち上がるような形になる、カービングのための基本動作。反意語:加重
ハリケーン hurricane
ロデオのレイト720°の事。180°、360°、180°と3回に分けて回る。
バンク bank
片流れ斜面。
バンズ vans
ブーツ等のメーカー。スイッチと提携して初めてステップインに乗り出したことで有名。
ハンドプラント hand plant
パイプでリップに片手をつく逆立ち系トリック。

−ヒ−
ピーク peak
頂上、またはジャンプ中の最高地点。
ビーコン beacon
雪崩等による遭難探索用の発信機。
ヒール heel
かかと。
ヒールエッジ heel edge
かかと側のエッジのこと。
ヒールカップ heel cup
バインディングのかかとの部分のパーツ。
ヒールサイド heel side
かかと側という意味。かかと側のエッジを指すことや、バックサイドを指すこともある。
ビッテリーターン bitterly turn
胸板を斜面に擦るほどに身体を倒し込んだカービング。フリースタイルではとても難しい。
ヒネリ (捻り) twist
シフトを入れる動作。
ビブ bib
大会で選手が着けるゼッケン。

−フ−
ファイブ five
ファイブフォーティの略。
ファイブフォーティ five forty
540°(1回転半)横に回転する技。ファイブフォーということもある。
ファイル file
エッジを研ぐ鉄やすり。
フリップ flip
縦回転系の技。単にフロントフリップを指す場合もある。同意語:インバーテッド
ブーツ boots
靴。スノボの場合、スノボブーツを指す場合がほとんど。
フェイキー fakey
利き足を谷側(利き足でない足を山側)にして滑ること。レギュラーがグーフィのように、グーフィがレギュラーのようになる。
フェイキートゥ fakey to
フェイキーでキッカーに入ること。
フェータル fatal
致命的、決定的。このサイトのチームの名前にもなっている。
フォーバイフォー four by four
フォーバイフォー ボードに設けられたインサートビスのパターンのひとつ。多くのメーカーが採用している。
フォールライン fall line
斜面を下る最短距離の方向。
フォワードリーン forward lean
バインディングのハイバックの前傾角度。
フカマワリ (深回り) tight turn
フォールラインに対して板が直角に近い(横方向に進む)ターン。反意語:浅回り
ブラインド blind
ブラインドサイドの略。
ブラインドサイド blind side
見えていないサイドという意味。レギュラーの人は上から見て時計周り。反意語:オープンサイド
フラット flat
雪面に対して平らな状態。
プラットホーム platform
ハーフパイプのリップの左右にあるフラットな部分。
フリースタイル free style
ソフトブーツで、「技をやること」を目的としたスノーボード。元々の派生はスケートボードからのため、パイプやグラブといったものがある。反意語:アルペン
フリースタイルボード free style board
フリースタイルをやりやすい、前後どちらでも前にして滑られるボード。
フリーラン free run
斜面を上から下まで自由に滑ること。
フルロック full locked
固まったまま動かない様。エアーの最中にグラブした格好のまま固まっている場合などに使う。最初から最後までロックしたまま。
フレックス flex
ボードの柔らかさ。弾力性。
フレッシュフィッシュ fresh fish
ハーフパイプトリック。ステールフィシュをバックサイドウォールで行う技。
プロ professional
JSBAに加入し、大会で一定の成績をおさめて公認を受けた人。スポンサーが付いて、滑ることにより生活費が出ている人。
プロショップ professional shop
専門店。
プロスイセンカード (プロ推薦カード) card of professional recommendation
プロツアー特別参加資格が与えられるプロからの推薦カード。各プロは1シーズンに1枚のプロ推薦カードを発行できる。
プロトライアル professional trial
アマチュアライダーがプロになる為の大会。
フロントサイド front side
ボードではなく、乗っている人から見て正面側(つまりレギュラーなら右側)のこと。オープンサイドと混同してはいけない。反意語:バックサイド
フロントフリップ front flip
体操で言う前宙(前転宙返り)。

−ヘ−
ベーシックエアー basic air
ただ飛ぶだけ。何もしない。意外と恐い。
ベースレスバイディング baseless binding
バインディングのベースの部分がないバインディング。
ベースワックス base wax
ホットワックスをかける上で滑走面の保護として塗るワックス。
ヘタレ hetare
根性なし、度胸なしのこと。ビビってキッカーに入れない人をそう呼ぶ。
ヘルメット helmet
頭を守る重要なアイテム。ワンメイカーは義務と思いましょう。
ペンジュラム pendulum
木の葉落しのように降りること。
ベンチレーション ventilation
ボードウェアやメットにある空気入れ替え装置。

−ホ−
ポーク pork
グラブ中に足を伸ばすこと。同意語:ボーン
ボーダー boarder
スノーボーダー、スケートボーダー等、横乗りスポーツをする人を指す。
ボーダークロス boarder cross
一定の障害(キッカーやスパインなど)があるコースで数人同時に行うレース。
ボード board
板のこと。時々スコップにもなる。これがないとスノボは始まらない。ときどきスノボのことをボードとも呼ぶ。
ボードウォーク board walking
バインディングを両足止めたまま歩くテクニック。類似語:オーリーウォーク
ボードパーク board park
スノーボードパークの略称。
ホールパターン hole pattern
バインディングをボードに着けるネジ穴のパターン。4x4や3Dが有名。
ボーン bone
ボーンアウトの略称。
ボーンアウト bone out
トリックの最中、足を伸ばすこと。例:インディノーズボーン(インディグラブのままノーズの足を伸ばす)
ホットワックス hot wax
アイロンで溶かしてソールに浸透させるワックス。
ボトム bottom
ハーフパイプの真ん中の平たい部分。

 ここに掲載されていない用語で判らない用語や、説明が意味不明、または間違った記述などがありましたら、 こちら まで連絡を頂けますでしょうか。私の調べられる範囲で調べてきます。
Google
 
Web www.fatal.jp