用語−サ行


−サ−
サーモインナー thermostat inner
個人の足に合わせるために熱成型するインナー。
サイダイケイシャセン (最大傾斜線) the shortest course
斜面を下る最短距離の方向。同意語:フォールライン
サイドウェイスタンス sideway stance
ボードに対して横向きに乗るスタンス。
サイドウォール side wall
ボードの側面。
サイドカーブ side curve
ボードの側面の曲線。
サイドカット side cut
ボードの側面の湾曲した部分。
サイドカットラジアス side cut radius
ボードのサイドカットの半径。
サイドスリップ side slip
横滑り。
サイドフリップ side flip
バックフリップ、またはフロントフリップを横方向を向いたまま回転する技。
サイドロール side roll
体操で言う側宙(側転宙返り)。
サッドプラント sad plant
ハーフパイプトリック。前足をボーンするハンドプラント。
サブロク saburoku
スリーシックスティの事。でも、180°をイチハチと言ったり、540°をゴオヨンと言ったりはしない。
サンドイッチ sandwich
トップシート、芯材、補強材、ソールをサイドイッチ状に挟んだ構造。

−シ−
シークエンス sequence
トリックなどの連続写真。
シートベルト seat belt
前足を伸ばし、左手でテールをグラブするトリック。
シーフォー sheepho
南半球スノボの本場、ニュージーランドの笛。元は犬笛の一種だが雪山での連絡などに重宝する。プロボーダーでこれを知らなければエセである!?
ジェイエスビーエー japan snowboarding association
日本スノーボード協会。
ジェイティエア jt air
グラブトリック。インディと同じ場所を、膝の外側から回して膝を抱え込む、インディーアラウンドグラブ。
シェイプ shape
ボードの形。
ジェシー jessy
左手でかかと側のエッジを持ち(リーンエアの状態)前足を伸ばしながら上体をひねる技。トゥウィークに似ているが、板を平行にするのがポイント。
ジェットバック jet bag
車の上に積む、ボード専用のキャリアボックス。これがあると車内がとても広くなる、車ボーダー必須アイテム。
シェル shell
ブーツのアウター。
シグネチャーモデル signature model
商品名にプロの名前を付けたモデル。
シケイン chicane
オープンサイドの180°と、フロントフリップの回転を同時に行うトリック。
ジブ jib
ハンドレール、丸太、塩ビパイプ、ボックス、ドラム缶など、雪以外の上を滑走すること。
シフティ shifty
空中で上半身と下半身を逆方向にひねり、また戻す技。
シフト shift
上半身と下半身を逆方向にひねること。
シムス sims
ボードメーカー。
ジャイアントスラローム giant slalom
レース競技のひとつ、大回転。
シャカッコウ (斜滑降) traversing
斜面を斜めに横切って滑ること。
ジャパーナ japana
日本のボード価格破壊の第一人者メーカー。アルペン等に売っています。ボード始めるならまずここから。
ジャパン japan air
左手でつま先側のエッジを持ち、右手を伸ばす技。正式にはジャパンエア。
シャベル shovel
ボードの先端の反り上がった部分。
ジャムセッション jam session
複数のライダーが連続または同時に競技を行う大会形式。
シュート shoot
岩場等に挟まれた溝状の急斜面。
シュプール spur
雪面に残す滑走ライン。
ショートターン short turn
小回りターン。
ショボイ (しょぼい) shameful
あんまりにも技やジャンプがカッコ悪いこと。
ショルダー shoulder
ボードのノーズの部分で幅の広い部分。

−ス−
スイスチーズ swiss cheese
ヒールエッジの両足の間を、谷側の手で正面から股の間を通してグラブする技。ローストビーフの左手版。
スイッチ switch
1.レギュラー(グーフィ)で滑っていて、フェイキーに切り替えること。2.バーンディングメーカー。ステップインの元祖です。
スイッチスタンス switch stance
レギュラースタンスの人が右脚を前に、グーフィースタンスの人が左脚を前にして滑る事。
スイング swing
後ろ足で舵を取るように板の向きを変えること。
スイング&グライド swing and glide
ターンの前半でボードをスイングし、かくっと曲がる滑り。
スクレーパー scraper
ワックス塗った後、余分を削り取る板。
スケーティング skating
片足だけバインディングを付けて、もう片足で地面を蹴って滑る技。これができないと、リフトから降りられない。
スタイル style
状態、形、持ち味、区別など。
スタンス stance
1.体勢。主に下半身(足)の状態を指す。2.足幅。ボード上での左右のバインディングの幅。
スタンダード standard
利き足が右足の人が利き足を山側(左足を山側)にして滑ること。レギュラースタンス滑ること。同意語:レギュラー
ステアリング steering
後ろ足でボードの向きを強引に変えて滑る滑り方。
スティーブ steve
極端に急な斜面。
スティフィ stiffie
左手でつま先側のエッジを持ち(ミュートの状態)両足を伸ばす技。
ステールフィッシュ stale fish
右手でかかと側のエッジを持ち、左手を伸ばす技。
ステップイン step in
座り込んでガチガチやらなくてもはめられるバインディング(ある意味これはビンディング)。便利だが、グリップ性能が下がる。
ストラクチャー structure
滑走性を高めるために、ソールに刻まれた細かい縦溝。
ストレートジャンプ straight jump
ワンメイクのこと。海外ではこれが一般的。
スニッカーズ snickers
山盛りピーナッツとキャラメルクリームの入ったチョコレートバー。雪山で疲れたときや、腹が減ったとき、遭難したときにに重宝する。
スノーシュー snow shoes
深雪用のブーツの裏につける道具。
スノーボーダー snowboarder
スノーボードをする人。
スノーボード snowboard
1.ボードそのもの。 2.スノーボードスポーツの全般の総称。snowboardで一語である。
スノーボードパーク snowboard park
色々な遊び道具の揃ったゲレンデの一画。鉄パイプやコブ斜、広く言えばキッカーやハーフパイプ、クォーターパイプもこれに属する。
スノボ sunobo
スノーボードというスポーツそのもの。スノーボードに行くことを指すこともある。
スパイン spine
三角柱のようなキッカーの一種。正面から入って、左右の斜面に着地する。
スピン spin
回転のこと。
スプレー spray
雪煙。
スライド slide
滑らすこと。滑ることとは違い、意識して板を流すこと。
スラッシュ slash
パイプ等でボードをスライドさせる技。
スラローム slalom
規定の旗の外側を通過してそのスピードを競う競技。
スリー three
スリーシックスティの略。
スリーシックスティ three sixty
360°(1回転)横に回転する技。サブロクとも言う。
スリーディー three dimension
1.軸のずれた回転系トリックの総称。縦、横、斜めに回る軸が移動することから3Dと呼ばれる。2.バートンが採用している、3本ビスでバインディングを固定する方式。
スロープ slope
ゲレンデの斜面。
スロープスタイル slope style
コースの上から下まで連続でキッカーやレールなどをこなしていく競技。

−セ−
セットバック set back
ボードのバインディングをボードのセンターから後方(山側)に付けること。
セッピ (雪庇) snow eaves
山の尾根の風下に出来る、ひさしのように突き出た積雪。
セブン seven
セブントゥエンティの略。
セブントゥエンティ seven twenty
720°(2回転)横に回転する技。正式にはセブントゥエンティ。
ゼンケイ (前傾) forward bent
重心が前の足(レギュラーなら左足)にある状態。
センコウドウサ (先行動作) precede working
キッカーに入る直前に、やろうとするトリックに対する前準備。例えばオープンサイドへの回転なら、両手を山側から谷側に振り回す動作。
センタースタンス center stance
セットバックをしないこと。

−ソ−
ソール sole
ボードの滑走面。
ソフトブーツ soft boots
フリースタイル用の皮や布で作られたブーツ。

 ここに掲載されていない用語で判らない用語や、説明が意味不明、または間違った記述などがありましたら、 こちら まで連絡を頂けますでしょうか。私の調べられる範囲で調べてきます。
Google
 
Web www.fatal.jp