用語−ア行


−ア−
アーリーウープ alley oop
ハーフパイプトリック。通常の流れに逆らった方向に回転する技。
アール radius
キッカーやパイプの曲がり具合、または曲がった場所。
アイエスエフ international snowboard federational
国際スノーボード連盟。
アイオーシー international olympic committee
国際オリンピック委員会。
アイシー icy
凍った、凍っている感じ。
アイスバーン ice burn
表面が溶けた後に凍った斜面のこと。あまりエッジが効かずとても滑りづらい。
アイテム item
ボードパーク等にある設備。キッカーやボックス、レール、スパイン等。
アウター outer
ブーツの外側。反意語:インナー
アサマワリ (浅回り) loose turn
ターン弧が浅いもの。板をあまり横に向けずにフォールライン左右を降りるカービング。
アシメトリカルボード asymmetrical board
左右非対称のボード。
アップケイ (アップ系) upper shape
キッカーのリップが水平より上を向いていること。反意語:ダウン系
アバランチ avalanche
雪崩(なだれ)。
アプローチ approach
キッカーに入るまでの道のこと。
アルペン alpine
1.ハードブーツで、「滑る」ことを目的としたスノーボード。元はサーフィン。反意語:フリースタイル 2.お茶の水等にある大型ディスカウントスポーツ用品店。
アルペンボード alpine board
アルペン専用のボード。
アンギュレーション angulation
カービング中のエッジのかけている部分、加重している状態を指す。くの字姿勢。
アングル angle
バインディングの取り付け角度のこと。
アンクルストラップ ankle strap
バインディングの足首側のストラップのこと。
アンダーフリップ under flip
ワンメイクトリック。回転軸を縦に持って行うロデオ。90ロールの逆にあたる技。
アンティシペーション anticipation
カービングやジャンプの先行動作のこと。

−イ−
イケテル (イケてる) spectacular
かっこいい、または上手いこと。
イレル (入れる) add
技を出すこと。例:180°にグラブを入れる
インサートパターン insert pattern
インサートホールの配列。4×4や3Dが有名。
インサートホール insert hole
ボードにバインディングを固定するための凹ネジ部分。
インスペクション inspection
コースやキッカーの下見のこと。
インソール insole
ブーツの中敷き。
インターフェア interfere
邪魔、妨害。
インディ indy
インディグラブの略称。
インディグラブ indy grab
グラブトリック。右手でつま先の間のエッジを持ち、左手を伸ばす技。
インディノーズボーン indy nosebone
右手でつま先の間のエッジを持ち(インディの状態)左足を伸ばす技。
インナー inner
ブーツの内側のパーツ。反意語:アウター
インナーカフ inner cuff
ジャケット等の袖部分で2重構造になっているもの。
インナーレス innerless
インナーとアウターに分かれていない一体型のブーツ。
インバーテッド inverted
縦回転系の技全般を指す。ひねりが入ることを指す場合もある。同意語:フリップ
インビテーショナル invitational
一般参加を募集せず、招待選手のみで実施される大会。

−ウ−
ウィンドリップ wind rip
風によって出来た自然のキッカーのこと。
ウェーブ wave
凸凹が連続している斜面。同意語:ウォッシュボード
ウェスト waist
ボードの中央、一番細く狭い部分。
ウォール wall
壁。クォーターパイプやハーフパイプの斜面を指す場合もある。
ウォッシュボード wash board
凸凹が連続している斜面。同意語:ウェーブ
ウシロアシ (後ろ足) tail side foot
進行方向に対して後ろ側、山側にある足。レギュラーの場合は右足。
ウッド wood
木。ボードの芯材で使われているコア材。
ウッドコア wood core
芯材に木を材料としたものを使っているボード。

−エ−
エア air
ジャンプのこと。通なら「ジャンプ台でジャンプした」などと言わず、「キッカーでエアー決めた」と言いましょう。
エアターン air turn
空中で向きを変えること。
エアトゥフェイキー air to fakey
ハーフパイプトリック。レギュラーで抜け、回転せずに戻ってくる。
エクストリーム extreme
主に山岳地帯等、自然の地形を滑ること。
エスアイエー ski instructors association
日本職業スキー教師協会。
エスエージェイ ski association of japan
全日本スキー連盟。
エックストレイル x-trail
日産自動車主催の大会。
エッジ edge
板の両端に付いている、金具の部分のこと。これによって雪面を捉えるので、さびないように手入れはまめに。
エッジトゥエッジ edge to edge
ターンの切り替えし時に、ボードをフラット状態にせずに逆のエッジに乗ること。
エッジング edging
エッジを雪面に対して立てること。
エフアイエス federation of international ski
国際スキー連盟。
エフェクティブエッジ effective edge
有効エッジ長。
エポキシー epoxy
水に強い合成樹脂接着剤。ボードの殆どはこれで接着されている。
エルニーニョ el nino
国内には冷夏暖冬を引き起す可能性のある大気現象。
エントリー entry
ジャンプ台などを抜ける瞬間。入るという意味なのだが、抜けると考えたほうが自然。

−オ−
オーバーヘッド overhead
頭より上にボードがいくこと。
オープン open
オープンサイドの略。
オープンサイド open side
見えているサイドという意味。レギュラーの人なら上から見て反時計周り。反意語:ブラインドサイド
オーリー ollie
テールを使って板のしなりを利用してジャンプすること。左足を思いっきり持ち上げて板がしなった所で右足を引きつけるようにする。反意語:ノーリー
オーリーウォーク ollie walking
ボードウォークのこと。
オーリーライド ollie ride
板のテール部分だけを使って滑ること。板をしならせてウィリーのようになる。同義語:テールスライド 反意語:ノーリーライド
オールラウンド all round
滑りからジャンプまで幅広く何でもやること、出来る板。
オフセット off set
セットバックのこと。
オフピステ off piste
圧雪されていないゲレンデ。

 ここに掲載されていない用語で判らない用語や、説明が意味不明、または間違った記述などがありましたら、 こちら まで連絡を頂けますでしょうか。私の調べられる範囲で調べてきます。
Google
 
Web www.fatal.jp