第14回 メランコリー(melancholy)

 だんだん、左足を伸ばす感覚に慣れてきたと思います。ジャンプした後のグッと伸ばす動作ですね。本当に慣れると、ボーンの入らないグラブは物足りなくなるくらいです。

 じゃあ、メランコリーに挑戦です。ここで、またちょこっとウンチクを。第8回のリーンエアのときにも書きましたが、最近では足を伸ばさなくても板が平行であればメランコリーと呼称されることがあります。ただこれに異論を唱える方も多く、「あくまで足を伸ばしてこそメランコリー!」とこだわっています。共感持てますね。こだわりこそがCOOLな自分スタイルの原点です。では、その方々がボーンを入れない左手のヒールサイドグラブを何と呼んでいるかというと、「メラン」だったり「メロン」だったりします(笑)。メランというのは不完全なメランコリーという意味合いらしく、メロンは、メランを訛らせただけみたいですね(笑)。

 まあそんなこんなで、やってみましょう。スピードを出さずに行きましょう。(説明はスタンダード(レギュラー)の場合です。グーフィーの方は、左右を置き換えて読んで下さい)

  1. 力を抜いてしゃがみ込みます。
  2. リップの端までテールを残し、しっかりオーリーします。
  3. 足を胸元まで引き付け、同時に左手でヒールエッジ側の両足の間をグラブします。
  4. 右手を大きく真上に伸ばし、胸を起こすと同時に左足を斜め下に伸ばします。
  5. 左足を戻すと同時に右手も戻し、力を抜いて足を伸ばします。
  6. 着地(両足同時)。

 1、2の動作は、インディノーズボーンのときと同じです。リップの先ギリギリまでボードのテールを残し、しっかりとオーリーを入れましょう。

 3の動作は、板を平行にしたリーンエアです。足を引き付けるのと、グラブしに行くのが同時の動作で素早くできればいいですね。

 4がやはりポイントです。右手を上に挙げることにより胸が開きますよね。そのままだと後傾になってしまいますので、左足を下に向かって伸ばすことによって、バランスを保ちます。そう、メインは胸の開きで、足を伸ばすのはバランスを取るため!くらいに思っていたほうがいいです。

 5の動作は他のノーズボーンと大して変わりません。膝を引き付ける動作によって上体を戻し、バランスを取るのです。体勢が傾いていても、一度小さくなってから足を伸ばせば、大抵は元に戻せるものです。

 6の着地はもうお馴染みですね。解説するまでもありません。

 どうでしたか?上手くいきましたか?あっさり出来てしまったという方もいるのではないでしょうか。そんな方のために、もっと難易度が高いメランコリーをお勧めします。

 板をグラブした後(3の動作の後ですね)、グラブしたままの姿勢で両足を伸ばそうとします。もちろん伸びません。左手のヒジが真っ直ぐに伸びて、両足のヒザが軽く伸びる程度でいいです。そしてその体勢からグラブしたまま左ヒジは伸ばしたまま山側に座るように身体の中心を後ろに持って行きます。当然左足は伸びますね。お尻の間に右足のカカトが当たるようなポーズ、言い換えれば仮面ライダーのライダーキックです。あくまで板は平行のままで。そして5、6の動作は一緒です。一連の動作で考えると、お尻が「の」の字を書くような感じです。その動作を4の間に素早くやるのです。

 普通に左足が伸ばせるようになってからですよ。ただ、このライダーキックのようなメランコリーで胸を開いていると非常にCOOLに見えちゃいます。これぞメランコリーって感じですね。

 余った右手も、ダラーっと持ち上げたり、右に向かって伸ばしたりといろんなことが出来るようになると思います。自分のやりやすい、バランスの取りやすい形を見つけましょうね。

 次回予告:シフティー(shifty)

Google
 
Web www.fatal.jp