第6回 ベーシックエア(basic air)

 さて、キッカーの作り方もマスターしたところですし、いよいよ飛んでみます。

 ここで「よーし、飛ぶぞー」なんて気合を入れて・・・はダメです(^^;)。飛ぶ気マンマンだと大概失敗して怪我をしますので、ふふーん♪と鼻歌まじりで気楽にやりましょう。体に力が入っていると上手くいきませんからね。それと程よい緊張感と恐怖心(あくまで、程よく)持ってたほうがいいかと思います。

 では、飛びます。ベーシックエアです。スピードを出さずに行きましょう。

  1. 力を抜いてしゃがみ込みます。
  2. リップにあと1メートル位でオーリーします。
  3. 足を胸元まで引き付けます。
  4. 力を抜いて足を伸ばします。
  5. 着地(両足同時)。

 2のポイントとして、オーリーは先行動作から実際にボードが浮くまでに多少のタイムラグがあります。そのためリップを抜ける瞬間にやろうとするとすっぽ抜けてお尻から落ちてしまいます。また最初から思いっきりオーリーをしようとすると、どうしてもバランスが崩れてしまいますので、軽く跳ねるだけのつもりでやったほうがいいでしょう。

 3のポイントは、足を引き付けることによって体を小さくし、そのとき両手は大きく広げてバランスを取りましょう。

 4のポイントとして、気持ち前傾姿勢で落ちていくことです。足を伸ばし始めるのは落ち始めてからで、できれば板を、地球と平行ではなく、斜面と平行にしましょう。

 5のポイントとして、着地と同時にショックを吸収するようにしゃがみ込みましょう。ただし、手を付こうとしてはいけません。間違って板より先に手を付くとポキっといきます。また手を付こうとして手を出すと、前傾にバランスが崩れてしまいます。

 私が心がけていたのは、キッカーに入るまでしゃがみ込んでいて、リップを抜ける瞬間に立ち上がるって感じですね。もちろん、オーリーなんてしません。そして右のカカトを右のお尻にぶつけるつもりで引き付けるのです。着地がトゥエッジ気味になりますが、安定しますよ。

 最初は怖いです。でも恐怖心はあったほうがいいです。無茶をしませんからね。ただ怖くなりすぎてビビってしまうと、後傾になってしまいますので注意しましょう。最初はオーリーなんかしなくても抜けるだけでもいいです。足の引き付けは、意識していればそのうち自然と出来るようになります。あとは「高く飛ぼう」とか「遠くまで飛ぼう」なんてことを考えずに「安定して飛ぼう」を意識してください。高さや距離なんて後からいくらでも出せるようになりますよ。

 次回予告:インディーグラブ(indy-grab)

Google
 
Web www.fatal.jp